Evernote代替を探してQuipにたどり着いてなかなか良かった件


VBの記事で見つけたQuip、結論から言うと完全なEvernote代替とまではいきませんでした。しかし、幾つかの点で納得できたのでしばらくこちらを使うことにしてみます。

求めてたポイントは次の通り。

  • マークダウン使えて軽い、画像とか貼り込めるエディタ
  • PDFとかのファイルを貼り込めて楽に共有できる
  • 外部サービスと連携できる
  • ファイル管理が楽にできる

ファイル管理だけですね。Evernoteはやはり一日の長というか、こなれてて外部のFeedlyで取り込んだ記事をあっち、書いた原稿をこっち、なんていうのが楽だったんです。けど最近は検索も進化しててこういう手作業のディレクトリ整理があまり意味なかったりしてるんですよね。(やらなかったら気持ち悪いとかそれぐらい)

特にFeedly経由でSave for Laterした記事がチャットとして読み込まれるのは便利です。Zapier経由でNewsCheckっていうチャットを作ってそこに保存してるんですが、いちいちRSSリーダー立ち上げなくてもここから次に書く記事の話題出せるので便利。

あと、やっぱりこのエディタが軽いのがいいです。マークダウンはリアルタイムにプレビューされるし、私、iPadで使ってるんですが普通に書けます。Evernoteはもうエディタとしてはここ数年使ってなかったので非常に新鮮です。エディタとファイル管理分けるの不便なんですよね。

ということで、Quipしばらく使ってみることにします。

メルカリで出品から発送完了まで3時間で終わったお話

普段は取材先で追いかけてるメルカリですが、久々にユーザーで出品してきました。デジカメとかAppleペンシル、スピードライトとかその辺り。

で、普段こういうのはなんだかんだいってヤフオク出してたんです。デジタルガジェット系は。なんていうのかな、惰性ってやつですか。

でもらくらくメルカリ便とか実はまだ使ってなかったり(オイ)してたので、それはそれでダメだろうということもあって利用。

結果は出品から取引、発送まで全部で3時間で終わりました。

面白かったのはAppleペンシルで、最初9000円で出品したら速攻「7000円で!」ってコメントついたんですね。で、すぐに「じゃあこっちは8000円で!」って。

その後も値下げなんだか値上げなんだかよく分かんない逆オークション状態になって「そろそろ値下げしたらどうですか」的な謎コメントも出てきたり十分楽しんだので8500円に金額を変更したんです。

そしたらコメントとか全く関係ない人が購入してました(笑。

そんなこんなで楽しく取引して合計で3万円分ぐらい売却。ヤフオクだったらどうかな、1週間ぐらいかかって数千円ぐらい高く売れたかもしれないけど、別に高値で売るのが目的じゃないのと、これだけ時間を短縮できたというのは忙しい身としてすごく価値が高かったです。

ちなみにこれまではヤフオク出すの面倒な場合はソフマップさんだったんですが、やはり買取業者さんだと異常に安い金額(というかほぼタダみたいな金額)になることも多く、ここはもう使わないだろうなと確信してます。

次回にヤフオク使うかって言われたら、私、プレミアム会員いつの間にか外れてて、ヤフオク使うには再登録が必要でそれが面倒くさいので多分、もうメルカリ一択になるんだろうなと思ってます。あとメルカリのみんなが好きだっていうのもあるし。

というパーソナルレポートでした。

今日のニュースチェック・Outlookを拡張現実で使うとこうなる

ということで2本目。これは後で翻訳して掲載しておきます。VR・AR大好きVBの記事でOutlookをHoloLensで使うとこうなるという話題。拡張現実メガネ、PC入りのMicrosoft謹製HoloLensですが、残念ながらまだ日本未上陸ということで使ったことありません。テストした人に聞くと、結構しっかりと現実空間に重ねて像が見えるそうなので、この記事にあるように空間にOutlookを表示させて予定調整、メール送信なんてことができるんでしょうね。

難点は私がOutlookを使ってないこと、ぐらいでしょうか。

VR・AR関連

調達関連

今日のニュースチェック・中国はVRポルノにどう向き合うのだろうか?

毎日の調達チェック、話題が散漫になってまとめるの大変になったので調達以外の話題はVR・ARに絞ることにしました。人工知能とかチャットボットとかロボットとかソーシャルとかセルフィーとか面白ガジェットとかあれもこれもそれも全部気になるのですが、結果的に原稿に手がつかない、企画に手がつかない、このニュースチェックのブログですら更新できないという全部やろうとして全部やらないというのを避けるのが目的です。

ということで気になったのはこちらの一本。記事の途中に出てくるYouTube動画、ヤバイですね。これ知らなかった。日本人って本当にバカですね。VRのセックススーツだそうです。

で、肝心の記事ですが、中国でこういうのが出てきた時にどうやって規制するかってうのをチャーリーが書いてました。正直長いので興味ある方はチェックしてみてください、という感じなのですが、中国ってインターネットポルノの規制が厳しいんですね。あんまりそういうイメージなかったです。

ということであともう一本書きます。

VR・AR関連

調達関連

THE BRIDGEが進化するとこうなるの巻


今日、お昼ぐらいに会員向けに用意していたサイトをひっそりと公開しました。本格的な公開は7月上旬から。おしらせ的なお話はここに書いてあります。

で、何がしたいのかを一言で言うと「新しいアイデアとシンプルに繋がりたかった」、それだけです。

私を含めてTHE BRIDGEのメンバーは毎日ニュースをチェックしたり取材をしてこれ面白いよね、世界変えてくれるよねというサービスや起業家のみんなを書いてきました。

名前を覚えてもらえるようになるにつれ、書ききれない程の情報を貰えるようになって嬉しい反面、段々、何がいいアイデアなのか、また、本当に伝えるべき新しいアイデアを伝えきれてるのか、不安になることも多くなってきました。

仲が良くなると、同じスタートアップや投資家のことばかり書いたり。

確かに成長株は安定しているので、それはそれで重要なウォッチだと思うのですが、やはりバランスは悪い。

だから欲しかったんです。みんなに支持されるサービスやプロダクトが自然とわかる場所を。

これから1カ月、500社近い会員さんと準備をして、7月には各社のアップデートや求人情報、イベント情報がタイムラインに並ぶようにします。いいねした人はサービス上で通知が届くので、私は個人的に取材先のウォッチに使う予定です。

さらに将来的にはTHE BRIDGEの記事もこのタイムラインに統合します。国内のプロダクトやサービスの情報が1箇所で分かる、発見の場所みたいな感じです。

THE BRIDGEで描いていた新しいアイデアとそれを応援する人が繋がる、そういうプラットフォームになれるよう頑張ります。

とりあえず今月はみんなで素敵なサービスを掘り出すランキングイベントをやってみますので、ぜひ参加してみてください。

ブログで物が売れるのかやってみようと思った件

ここ最近、よく考えてることに小さな商売というのがあります。価値が多様化する世の中で情報化も進み、これが欲しいという需要と、こういうものを作ってて売りたい、使って欲しいという供給がより細かいレベルで繋がるんじゃないかなという気がしてるんですね。

で、モノの売買、マッチングには色んな分類方法があると思うのですが、コミュニケーションの質みたいなので考えると例えばこんな感じ。

  • アート作品とか超高額:直接会って会話しないと買えない
  • ハンドメイド等、ややお高め:会わないまでも情報は知っておきたい
  • 型番商品とか古物:チャットぐらいでOK

価格的にも上と下、すごく高い一点モノとかと型番商品はコミュニケーションの質も分かりやすいんです。おそらく型番商品とかのサポートはチャットボット関連もあるので、どんどんコミュニケーションコストを下げる方向性に向かうでしょうし。

問題は中間点。このグラデーションの中には作家さんが手作りで作ってる作品とか、ちょっと他にはないんだけど、イケてる既製品とか。Fabが丁度ここにいたんですが、なかなか難しかったみたいなんですよね。

この部分の売り手と買い手のコミュニケーションについては非常に興味深いなと思っています。多分、全部人間にすればコミュニケーションコストが高すぎて割りに合わない。全部システムで均一化しようとすると説明不足になってコンバージョンしない。ここもやっぱり中間点というかグラデーションがあるわけで。

とまあ、あれこれ考えながら、まずはやってみようということで何回かに分けて、実際に販売するとこまでやってみることにしました。

あと、アフィリエイトだとなんだか嘘くさくなるので実際に仕入れることからやってみます。

情報発信して、買ってくれる人を見つけて、収支計算して。何を売るかとかはこれから考えます。その部分含めてこのMediumで随時公開していこうかなと。

コマースに対する興味やブログという自分の仕事をもっと考えようという意味もあるんですが、もう一つ、周りで書いてる仕事をしている人たちの能力がもっと人やモノを繋ぐことに役立てばいいなと思ったのも理由なんですよね。(情報商材とか販売してるモノ書きさんとかみるとちょっと悲しくなったりしますし)

ということで上手くいくかどうかは分かりませんが、いろいろチャレンジしてみます。

今日のニュースチェック:Appleが進めるVR・ARの取り組み

先日、ようやくHTC VIVEを体験してきました。予想はしていましたが、やっぱり凄いの一言ですね。あの見つめられる感じは現実世界とほぼ変わらない感情を呼び起こさせてくれます。夢に出てくるんじゃないかと。あんなの毎日見てる人、頭おかしくなるんじゃないかって本気で心配してしまいますね。

さておき、東の横綱GoogleがDaydreamを発表したことで一気に盛り上がりを見せてきたバーチャル空間ビジネスですが、当然、気になってくるのは西の横綱Appleの動きです。待望論ありつつもこのUploadVRに直近の動きがまとめられていたので参考に。チームは数百人規模で構成されており、中にはMicrosoftのHoloLensチームにいた人物などが参加してて、関連企業も少なくとも5社は買収してるのだとか。

四半期レポートでティム・クックCEOもこの市場ポテンシャルは認める発言してるそうなので、入る入らないじゃなくていつ入るか、だけなんでしょう。Apple VS Microsoft VS Googleという三つ巴が見れるというのは別の意味で胸熱です。

ということでしばらく取材等々でニュースチェックおさぼりでしたので今日はまとめて。

人工知能・チャットボット

VR・AR関連

資金調達関連

Snapchatファンドレイズ